トピックス

トピックスイメージ

医療制度や医薬品の開発やグローバルな薬事協定等、様々な視点でホットな医療ニュースをお届け致します。

2015年3月30日 富士フイルム古森会長、「再生医療で世界一の企業に」

富士フイルム古森会長、「再生医療で世界一の企業に」

 富士フイルムホールディングスは2015年3月30日、iPS細胞の開発・製造を手掛ける米Cellular Dynamics International(CDI)社を株式公開買付け(TOB)で買収すると発表した。手続きは2015年4月中に完了する見込みで、買収総額は約3億700万米ドル(約360億円)。

 同日、東京都内で記者会見を開催した。登壇した富士フイルムホールディングス 代表取締役会長・CEOの古森重隆氏は、CDI社の買収は「アンメットメディカルニーズの究極の解決策とされる再生医療での事業拡大に向けた、重要で力強いステップ。取り組みを加速し、再生医療で世界一の企業になる」と述べた。

 富士フイルムはかねて「総合ヘルスケアカンパニー」を掲げ、ヘルスケア分野を強化してきた。今回の会見でも、同分野は「中長期的な成長の柱として、積極的に事業を拡大する」(古森氏)とした。

 買収するCDI社は、2004年設立のバイオベンチャー企業。創薬支援や細胞治療、幹細胞バンク向けにiPS細胞を開発・製造しており、「高品質のiPS細胞を安定に生産する技術で先行している」(古森氏)。既に、ヒトiPS細胞由来の心筋細胞や神経細胞などを創薬支援向けに提供している。従業員数は155人、2014年度の売上高は1670万米ドル(約20億円)である。
細胞治療や臓器再生にも

 富士フイルムは、写真フィルムのノウハウを生かし、細胞増殖の足場となる「リコンビナントペプチド(RCP)」と呼ぶ人工たんぱく質を開発。2014年12月には、自家培養表皮・軟骨などの再生医療製品を手掛けるジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)を連結子会社化するなど、再生医療分野を強化してきた。ここにCDI社のノウハウを融合する。

 まずは社内外の創薬支援向けにiPS細胞を開発・製造する。iPS細胞の産業応用のうち「いち早く立ち上がるのが創薬支援」(古森氏)との見立てからだ。動物での評価に代えて、ヒト由来のiPS細胞で薬剤を評価することで、薬剤開発の「スピードやコスト、確実性が格段に改善する」(富士フイルム 取締役・常務執行役員の戸田雄三氏)。ゆくゆくは、細胞治療用のiPS細胞のバンキングや培養受託、臓器再生医療などへも展開する考えだ。

引用元:http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20150330/411860/?ST=ndh

ページトップに戻る