トピックス

トピックスイメージ

医療制度や医薬品の開発やグローバルな薬事協定等、様々な視点でホットな医療ニュースをお届け致します。

2015年2月3日 ソニーが美容市場に参入、「肌のキメ・シミ・毛穴」を手のひらサイズの測定機で

ソニーが美容市場に参入、「肌のキメ・シミ・毛穴」を手のひらサイズの測定機で

 ソニーは、肌のキメやシミ、毛穴、色みなどの状態を、手のひらサイズの装置で高精度に測れるシステム「BeautyExplorer」を2015年3月中旬に発売する(リリース)。エステティックサロンや化粧品メーカー、美容品販売店などに向ける。「人の健やかさの源泉となる、精神と肉体のケアを提案する商品」(ソニー 業務執行役員 SVP デバイスソリューション事業本部 イメージセンサ事業部長の上田康弘氏)だ。

 同システムは4つの要素から成る。(1)肌測定機「Skin View Camera」、(2)独自の解析アルゴリズムを実装したクラウドサーバー、(3)専用のタブレット端末上で動作する肌解析アプリ「Skin Analyzer」、(4)スマートフォン向けアプリ「Skin Viewer」である。このうち(1)~(3)はシステムの販売先であるサロンやメーカー、販売店が顧客サービスにおいて利用するもの。(4)はサロンや販売店を訪れ、同システムで測定を受けた顧客(消費者)に向けるものである。

 Skin View Cameraは、CMOSイメージセンサーや光学レンズ、LED、WiFiモジュールを搭載した測定装置。「これからはデバイス側から新たなセット(機器)を提案していく」(上田氏)というコンセプトを具現化したハードウエアである。肌の状態をCMOSイメージセンサーで撮影するとともに、肌の水分を専用センサーで測る。重さは115g。肌に当てて撮影ボタンを押すだけで測定が終わり、測定データはWiFi経由でクラウドサーバーへ送信される。
女性社員の力を生かして開発

 この測定結果を、「SSKEP」と呼ぶ独自アルゴリズムを実装したクラウドサーバーで解析する点が大きな特徴だ。SSKEPは同社が2012年に開発した技術。肌の表面で反射される可視光、肌内部を透過して戻ってくる近赤外光など、複数波長のLED光を肌に当て、反射光をCMOSセンサーで取得。肌の表面や内部の状態を反映した複数の撮像データから、肌のキメ・シミ・毛穴など、多項目にわたる肌の状態を解析する。画像解析には「テレビやカメラの高画質化エンジンの技術を生かした」(ソニー デバイスソリューション事業本部 イメージセンサ事業部の五味信一郎氏)。
 例えば肌のキメについては、その大きさや均一性、数量、方向などを分析することで高精度の評価を実現。肌に含まれるメラニン量や赤み量の解析から、目に見えない肌状態も可視化できるという。さらに、クラウドを活用することから「測定項目を後から追加でき、データがたまるほど測定精度も高まる」(ソニー デバイスソリューション事業本部 イメージセンサ事業部の北川悟氏)。

 Skin Analyzerは、解析結果を5段階評価や肌年齢などの指標でタブレット端末に分かりやすく提示する。「キメ4.8、シミ2.4、毛穴4.2」「肌年齢-10歳」「オイリードライ(油分が多く乾燥気味)」といった具合だ。Skin Viewerではクラウドサーバー上に蓄積したデータを顧客がスマートフォンで確認でき、店舗で受けたエステの効果などの指標にできる。

 今回のシステムは女性をターゲットとすることから、商品企画やデザイン、技術開発、マーケティングのすべてに女性社員を登用した。「マネジャークラスを含め(関係人員の)約3割が女性」(北川氏)という。

 ソニーは当面、今回のシステムを一般消費者向けに販売することは想定していない。国内の美容(エステ)市場は6500億円規模といい、ここで「一定のプレゼンスを得たい」(北川氏)とする。今回の技術を頭皮の解析に使うための研究にも着手した。

引用元:http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20150203/402320/?ST=ndh

ページトップに戻る